その名の通り自立性を持った袋

スタンディング袋は底にマチがあるため、内容物がなくても自立することができる袋になります。

差込型

通常のスタンディング袋になります。小型から大型まで製造が可能で様々な製品にご利用いただけます。チャックの制限もないため、内容物に合わせて通常のチャックからスライダーまですべてご利用いただけます。デジタル印刷と組み合わせることも、マット印刷と組み合わせることもでき、従来のスタンディングと差別化を図ることも可能となります。

 

M字折りタイプ

従来と違い、底部分を折り込んで底マチを作るタイプになります。それにより底シールがなくても製造することができ、自立性が向上しました。さらに底部分のピッチ管理も可能なため、底マチに特定の印刷をすることも可能です。通常の差込型と同様に様々なチャック、印刷技術との組み合わせが可能なため、付加価値を承認に合わせて選択が可能です。

 


製品に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ