背張り袋は形状の種類が多く、幅広くご使用いただけます。

背張り袋は一番初めに作られた袋で、今なお多くの製品で使われています

背張り三方袋

背張り三方袋は背張り部分をつまんで開けやすく、スナック用の袋などで古くからご利用いただいております。袋のラベルシールをしてフック穴を付ければ店頭でつるすことも可能です。

 

背張りGZ袋

背張りGZ袋はコーヒーなどによくご使用いただく袋になります。真空充填をすることで、きれいなキューブ状になるのが最大の特徴です。

 

多くの付加価値が詰まった四方コーナー

四方コーナーは従来の背張り袋とは違い、要望に合わせて様々な付加価値を追加することが可能となりました。

背張り袋では唯一チャックを付けることも可能です。トリプルジップもEZロックも使用することが可能です。

弊社の特別な四方コーナーだと、サイドGZ部分の上部を切り取って製造が可能となり、シングルリップでの製造が可能です。これにより、充填時の袋上部のシールが簡単になります。

さらにその袋に弊社のファイバーベントを加えることができ、空気抜けシステムの追加が可能となりました。


製品に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ