HONDA e (EV)

HONDA e (EV)
2021年6月16日 H.Yamanaka

弊社は今春より社用車としてEV車のHONDA-eを導入しました。

EV車とはガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどの内燃機関を持たず、電気を動力源としたモーターによって走行を行う自動車です。

2050年の脱炭素社会に向け、2030年代には脱ガソリンエンジン自動車の先駆けとなるSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みとして社用車としてはかなり高価ですが弊社社用車として採用しました。

排ガスを出さない電気自動車はガソリン車に比べて1km走行当たりのCO2排出量が約74.6%の削減になるという研究結果もあるようです。

HONDAeのグローバルの生産販売計画は年間1万台で、うち日本向けは10%の1000台と少なく、予約受注が生産に追いつかないほど殺到したようで、昨年予約しようやく今春納車となりました。

さすが次世代自動車、EVの最先端であるHONDA eのフロント部分の表示は全てモニターになっていて
後方の安全を確認するサイドミラーも車内のデジタルモニターになっています。

走りも静かでボタンシフトなので両手でハンドルを操作でき、安全性に優れています。

導入に合わせて弊社敷地内にEV充電スポットも設置し、初めての充電にも少しずつ慣れてきました。

SDGs(持続可能な開発目標)に貢献できる企業に向け、一歩ずつ歩んでいきます。