【 2019年3月15日〜17日】第19回JAPANドラッグストアショー

【 2019年3月15日〜17日】第19回JAPANドラッグストアショー
2019年2月20日 H.Yamanaka

ご来場ありがとうございました。

*CR機能付き薬袋を、実際手にとって頂き、チャイルド・レジスタンス機能をお試しいただけます。このユニバーサルデザインの観点が含まれた、新しいチャイルド・レジスタンス袋を体験して頂きました。

展示会URL http://drugstoreshow.jp/

誤飲を防ぐ「子守袋」

*CR機能付き軟包装パッケージ。

*CR(チャイルド・レジスタンス)とは、製品を子供に扱いにくくすることで、子供のけがや事故を予防する考え方。

子供が使えないようにするチャイルド・レジスタンス機能の一方、”シニアフレンドリー” の要件も満たす必要があります。今まで、錠剤のCR容器は、各社が独自の方法で、PTP包装しているもの等が出ていますが、それぞれ開け方を習得せねばならず、ユニバーサルデザインの観点からも、使いづらい面もありました。当社が開発したCR機能付パッケージ「子守袋」は、ジッパー部分にCR(チャイルド・レジスタンス)機能を付与し、各PTP包装の開封方法に関係なく、様々なものを入れられ、子どもの誤飲を防ぐチャイルド・プロテクト®パッケージです。

薬袋をコミニケーションツールに。

ドラッグストア業界では、他の小売業との競争激化や、政府が推し進める「セルフメディケーション」の拠点として期待される中、これまでの店舗まで来てもらう「集客型」から、消費者により身近で、需要を掘り起こしていく「接客型」への移行が注目されています。

CR袋は開け方を「知っていれば、開けられる ・ 知らないと、開けられない」パッケージ。
調剤薬局の薬剤師さんが、患者さまに、開け方をご説明して頂く必要があります。このCR機能付き“薬袋” を患者さまとの“コミュニケーション・ツール” として、お使い頂ければと思います。

印刷や、寸法などもご要望に沿った、オリジナル・パッケージでご提供いたします。“店舗ブランディング” など、顧客の囲い込み戦略に、ぜひ当社の「子守袋」を、お役立てください。

海外規制の*PPPA規格に適合
*米国:Poison Prevention Packaging Act (16CFR1700)

プリントアウト用PDF