誤飲防止!未来を守るチャイルドプロテクト

チャイルドプロテクトとは、子供による誤飲を未然に防ぐための袋です。開け方のわからない子供には開けることのできない袋を開発しました。薬・電池・小さなおもちゃなどを入れて仕様頂けます。

特徴

1.

チャイルドレジスタンス機能に適合

2.

決まった手順と方法が必要

3.

袋なので手軽に仕様が可能

4.

サイズ、形状は自由に変更可能

チャックタイプ

スタンダードなタイプになります。チャック部にポケットがあり、そのポケットに指を入れて開けるという手順を踏むことで開封が可能になります。従来の袋のようにひっぱるだけでは開封ができず、袋を押し広げるように開く強い力が必要となります。この2点によりCR機能が実現されております。

 

 

開け方

タブタイプ

大人による開封が最も容易なタイプになります。チャック部にタブが付いており、そのタブをつまみながら開けるという手順を踏むことで開封が可能になります。お子様ではタブをつまみながら開ける動作が難しく、開けにくい構造となっております。

 

開け方

スライダータイプ

米国において最も一般的に使用されているタイプになります。スライダーをくぼみに移動させ、ノブを押しながらスライドするという手順を踏むことで開封が可能となります。ノブを押す作業を模倣するのは難しく、力の下限が必要なため、お子様による開封を防ぐことができます。

開け方


製品に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ